大恩は報ぜず(たいおんはほうぜず)

小さな恩義を受けると、負い目を感じ、何か恩返しをしようとするものだが、その大きさのためにかえって気づくことができず、報いることなく終わってしまうことが多いということ。


サイト内検索

カテゴリタイトル