相碁井目(あいごせいもく)

個々の能力の差がさまざまであることを,囲碁の腕前になぞって言ったことわざです。相碁は,実力が同等の者が打つこと。井目は,碁盤上に九目碁石をおいてから打つことで、実力の差がありハンディキャップ与えること。


サイト内検索

カテゴリタイトル