竿竹で星を打つ(さおだけでほしをうつ)

届くはずもない竿竹で、空にある星を落とそうとするところから、できもしないことをする愚かさ。
または、思うところに手の届かないもどかしさを意味します。


サイト内検索

カテゴリタイトル